北海道農業研究センター

作物開発研究領域

北海道向けの水稲、飼料作物、園芸作物の品種の育成と作物育種のための素材開発とその評価を行います。

水稲では、多収で低コスト生産に貢献する業務・加工用米品種、飼料用米品種を育成するとともに、省力化に貢献する直播多収系統や高アミロース米等の品質に特徴ある系統を開発し、加工・流通適性の評価を行ないます。

飼料作物では、イアコーンなど雌穂利用も可能な高子実収量の飼料用トウモロコシ品種の育成及び北海道の限界栽培地帯でも栽培可能な極早生トウモロコシ系統の開発、糖含量の高いオーチャードグラス品種、放牧適性の優れるフェストロリウム品種、北海道向けペレニアルライグラス品種、混播適性の高いガレガ品種、機械踏圧耐性のアルファルファ品種、混播適性や追播適性の優れたアカクローバ品種を育成します。

園芸作物では、加工業務用野菜の安定供給に向けて、加工用に適した長球の早生タマネギ品種、貯蔵性の高い加工適性の優れたカボチャ品種を育成します。

育種素材開発では、水稲の直播向け品種育成を加速するため、自然変異や突然変異を利用した育種素材並びに選抜マーカーを開発するとともに、カボチャの貯蔵性に関する選抜指標を開発します。

領域長

川口 健太郎 (かわぐち けんたろう)

所属グループ

法人番号 7050005005207