北海道農業研究センター

畑作基盤研究領域

研究領域の目標

小麦・バレイショ・テンサイ・ソバ等作物新品種の開発、新品種に対応した食品や新たな機能性を持つ食品の開発などを目指します。

研究の背景

北海道の十勝に広がる畑作地帯では、小麦・バレイショ・テンサイ・マメ類など多様な作物が栽培され、国内で最大級の大規模経営が行われています。国際化に対応し寒地畑作経営の安定と高収益化のためには、新品種育成による畑作物の能力向上、新品種をおいしく加工する方法、食品の機能性成分の評価など、基盤となる技術開発が求められています。

取り組む研究内容

  • 穂発芽耐性を有し、パン・中華めん適性や菓子用等に優れる小麦品種の育成をします。
  • ポテトチップ等の加工原料や新規用途向けのバレイショ品種を育成します。
  • 高温多湿で発生が増加する病害に抵抗性を有するテンサイ品種を育成します。
  • 6次産業化を支える資源作物のうち、ソバ品種の育成を中心として行います。
  • 農産物の貯蔵加工技術や新規用途の開発、機能性成分の評価技術を開発します。

畑作研究領域には次の研究グループを設置しています。

研究グループ名 担当研究事項
小麦・ソバグループ 小麦・ソバの品種改良
バレイショ・テンサイグループ バレイショ・テンサイの品種改良
農産物・食品機能性グループ 農作物の加工や食品としての機能性成分の研究
法人番号 7050005005207