農業技術革新工学研究センター

土地利用型システム研究領域

高速代かき機: 慣行と同程度の作業精度で、より高速あるいは少ない回数で代かきが可能です。

土地利用型システム研究領域は、水稲作や麦・大豆等の畑作のような、いわゆる、土地利用型農業を対象とし、その中で行われる様々な作業に利用する機械・装置の開発と、それらの機械・装置や関連する技術を組合せ、あるいは、統合することにより、農作物をより効率的かつ高度に生産するシステムの確立を目指します。 我が国の土地利用型農業においては、国内外の経済情勢や産業構造の変化に伴い、農業従事者の高齢化と減少が進む一方で、農地の集積や経営規模の拡大が急速に進んでおり、これらに対応した機械化・省力化ならびにコスト低減が急務となっています。しかし、日本の国土の大半を占め、小規模な農地が多数存在する中山間地域においては、耕作放棄地の問題など、農業の担い手不足に関連する問題が一層深刻であり、国土保全等の観点から農地の維持・保全を果たすため、各地の状況や事情に合わせた農作業の機械化や軽労化等を図ることも求められています。 そこで、土地利用型システム研究領域では、経営規模の拡大に連動して、コスト低減効果を発揮する、省力的で高能率・高耐久な農業機械・装置の開発を進めます。また、中山間地域等の小規模な農地にも対応し、コンパクトで操作性に優れた農業機械・装置等の開発にも取り組みます。このため、本研究領域を構成する3つのユニット、すなわち、栽植システムユニット、栽培管理システムユニット、収穫・乾燥調製システムユニットでは、それぞれ担当する分野ごとに前記の目的の下で、次項以降に述べる様々な研究開発を行っています。

領域長

橘 保宏(たちばな やすひろ)

所属研究ユニット

法人番号 7050005005207