外国人研究者・研修生の入国・滞在について

農研機構は外国人研究者の招へい・受入れを行っています。当機構に滞在が決まった外国人研究者に必要となる手続き、お役立ち情報(つくば地区)を紹介します。

日本に来る前に:入国・滞在のための手続き

農研機構での招へい・受入れが決定すると、以下の準備が必要となります。

□パスポート・ビザ □在留資格認定証明書 □滞在先の予約 □海外傷害保険(任意) □国際免許証(任意)
本部・つくば
外務省:ビザ取得 法務省:入国審査 筑波産学連携支援センターJST外国人研修者宿舎

ビザ申請にあたって:在留資格認定証明書交付申請書

ビザの申請は、外国人研究者本人が自らの居住国にある在外公館で行います(詳細は左上の「外務省:ビザ取得」参照)。申請では一般に、「在留資格認定証明書」の提出が求められます。この証明書を在外公館に提示してビザ申請をすれば、通常5業務日以内にビザの発給を受けることができます。
外国人研究者がビザの申請をする前に、農研機構は代理人として、在留資格認定証明書の交付を法務省・入国管理局へ申請し、交付後にこの証明書を外国人研究者に発送をします。この申請手続きの際には、外国人研究者において必要書類・資料(例・文化活動)の手配・提出も必要となります。入国管理局での審査には一定の時間(1~3ヶ月)を要しますので、日本からの送付日数なども含めて、農研機構・外国人研究者ともに、時間に余裕を持って手続きを進めましょう。

来日したら:空港到着・移動

在留資格認定証明書の交付を受けた外国人研究者には、成田国際空港など7つの空港の入国審査の際に「在留カード」が交付されます。
通関後、移動の前に空港内で、携帯電話の契約、変換プラグの購入、両替などを済ませておくと便利です。

到着ロビー
(成田国際空港)

スマフォ
第1ターミナル
第2ターミナル
電車
高速バス
時刻表
【PDF:101KB】

(つくば行)

農研機構
到着
変換プラグ
第1ターミナル
第2ターミナル
高速バス

機構施設へ到着:滞在生活の準備

3ヶ月以上の滞在を認められた外国人研究者は、居住する自治体の窓口で14日以内に「転入届」と「国民健康保険」加入が必要になります。銀行口座の開設も必要になるでしょう。民間アパート等への入居では、電気、水道、ガスなどの契約が必要です。家具や家電が備え付けられていないことにも注意が必要です。

本部・つくば
転入届 国民健康保険 ゆうちょ銀行 医療・病院 租税条約

日本での生活:日常生活の情報

各自治体や公益法人などでは、さまざまな団体が外国人向けの生活ガイドを提供しています。

本部・つくば
つくば市国際交流協会 つくばグローバル・イノベーション推進機構 筑波研究学園都市交流協議会 つくバス つくばエクスプレス

帰国する前に:転出・解約等・引っ越し

帰国時は、居住する自治体での転出届、国民健康保険証の返却、銀行での口座解約などの手続きが必要となります。民間アパート等を引き払うときは、電気、水道、ガス、NHK契約の解約・停止などのほか、家具や家電などの処分もお忘れなく。

ENGLISH