国際活動

intl intl intl

農研機構は、農業の成長産業化や農業・農村の所得増大等に向けて、「農林水 産研究基本計画」に掲げられた「生産現場が直面する問題を速やかに解決するた めの研究開発」を最優先課題に位置付けている。一方、我が国の食料・農業・農村の諸問題を解決する上で、国境を越えた研究・ 調査や海外機関との連携強化の重要性が高まっている。とりわけ、政府が推進す る二国間関係強化の枠組みの中で、研究協力が求められるケースが増えており、 これに積極的に対応する必要がある。また、海外における研究開発の進展をみれば、海外にも優れた知見や手法があ ることを認識し、広い視野に立って研究を進めることや、これら知見や手法を導 入して研究を活性化することが、近年、特に重要になっている。このため、海外 研究機関の研究能力や研究開発の進捗状況を把握・評価した上で、戦略的・効果 的に在外研究を促進することが重要になるほか、 外国人研究者の増員、効果的 な海外レビューの実施等を通じて、組織自体の国際化を進めていくことが喫緊 の課題となっている。そこで、国際農林水産業研究戦略(平成28年7月農林水産技術会議決定)に 則し、国益の増大や農研機構のプレゼンスの向上等に繋がる国際的な視点に立 った研究活動の推進に関する基本方針を以下に定め、役職員の基本認識とする。

  • 国際的な視点に立った研究活動の推進に関する基本方針
  • 国際活動の一覧

  • 連携協定 (MOU)
  • 共同 研究
  • イベント・シンポジウム・セミナー
  • 来訪者
  • プレスリリース
  • 注目情報

    2017/09/05

    第1回「明日に向って外国人研究者と話してみよう!聞いてみよう!」の開催
    「国際的な視点に立った研究活動の推進に関する基本方針」が平成29年3月9日に決定され、ダイバーシティ推進委員会の立ちあげなど組織の国際化に向けた取り組みが行われています。そこで外国人研究者の研究等の支援推進を図るため、海外からの外部研究員、研修生からの意見を集約し、外国人研究者の増加に向けた取り組み、サポート体制強化の一助すること、また、研究員等同士のネットワーク構築に寄与することを目的に検討会を9月5日に開催しました。先輩研究員事例紹介で自分の研究紹介、研究を続けられたモチベーション、大変だったこと・困っていることなどの話、またオープンディスカッションも行いました。


    2017/07/27

    農林水産省「国際共同研究パイロット事業(ロシア)」に2課題が採択
    農研機構は、農林水産省の平成29年度「戦略的国際共同研究推進委託事業」のうち「国際共同研究パイロット事業(ロシアとの共同公募に基づく共同研究分野)」に、鳥インフルエンザや生体物質保存技術に関する共同研究を提案し、これら2課題が採択されました。今後、「ロシア医療科学アカデミー臨床及び基礎医療研究センター」や「カザン連邦大学」と共同で、これらの課題に取組んで、日本政府が推進する日露協力にも貢献してまいります。詳しくはこちら。

    2017/06/26

    農林水産省の「国際共同研究パイロット事業(イスラエル)」に4課題が採択
    農研機構は、農林水産省の実施する平成29年度「戦略的国際共同研究推進委託事業」のうち「国際共同研究パイロット事業(イスラエルとの共同公募に基づく共同研究分野)」にイスラエル国立農業研究機構と共同提案し、4課題が採択されました。農研機構とイスラエル国立農業研究機構は、平成29年3月に連携協定の覚書を締結したところであり、本共同研究開始により、両組織が再生水を活用した園芸生産技術の開発に連携して取り組んで行きます。詳しくはこちら。



    2017/04/10

    国際熱帯農業センター(CIAT)と農研機構がMOUを締結
    平成29年4月10日、国際熱帯農業センター(CIAT)と農研機構がMOUを締結し、農業技術・食品科学分野、環境科学分野、植物科学分野、社会科学分野等において包括的な国際連携協定を結ぶ事を提案された。



    2017/03/13

    イスラエル国立農業研究機構と水利用等の研究に関する連携協定覚書を締結
    農研機構は、平成29年3月7日にイスラエル国・ベイトダガン町において、イスラエル国立農業研究機構と連携協定の覚書を締結しました。イスラエルは半乾燥地帯で降雨量も少ないため、再生水の利用が進んでいます。また、高い園芸生産技術、活発な起業文化で知られています。同農業研究機構との連携は、これらイスラエル農業の特徴を農研機構の技術開発に取り入れるきっかけになると期待されます。今後は、水利用、園芸生産、農業環境の研究分野で連携し、特に再生水を活用した園芸生産技術の開発と改良に共同で取り組む予定です。

    法人番号 7050005005207