九州沖縄農業研究センター

農業技術研修制度

平成30年度 九州沖縄農業研究センター農業技術研修生募集

九州沖縄農業研究センター農業技術研修生募集要項
九州沖縄農業研究センター農業技術研修生入所試験実施要領 (1) 推薦入所試験
九州沖縄農業研究センター農業技術研修生入所試験実施要領 (2) 一般入所試験

九州沖縄農業研究センター農業技術研修生募集要項

1 趣旨

「野菜」に関する知識・技術を修得させ野菜栽培農業の担い手・指導者となる人材を育成することを目的とし、推薦選考試験及び一般選考試験により研修者を定め、長期の研修を行う。

2 研修場所及び募集予定人員

研修実施場所 専攻 募集予定人員
九州沖縄農業研究センター
筑後・久留米研究拠点(久留米)
(福岡県久留米市御井町1823-1)

イチゴコース

12名

施設野菜コース

注)1年生時は、各コースで横断的に実習を行い、新年明けから「学業成績と配属希望」を考慮して、専攻コースを決定する。

3 研修期間

研修期間は2年間とし、平成30年4月に始まり平成32年3月に修了する。

4 研修方法

研修は2学年制とし、野菜栽培技術、圃場管理に必要な各種作業等に重点をおいた講義及び実習を行う。

5 選考方法及び受験資格

推薦入所試験及び一般入所試験による。

(1) 推薦入所試験
「平成30年度九州沖縄農業研究センター農業技術研修生入所試験実施要領(1)推薦入所試験」による。

(2) 一般入所試験
「平成30年度九州沖縄農業研究センター農業技術研修生入所試験実施要領(2)一般入所試験」による。ただし、募集予定人員に満たないときは、二次募集を実施します。

(3) 受験資格
高等学校を卒業した者若しくは平成30年3月に卒業見込みの者またはこれと同等以上の学力を有する者

6 その他

(1) 受験に要する費用 無料

(2) 研修に要する費用
授業料は無料。ただし、教材費、研修旅行費、食費、光熱水料費等は研修生が負担する。

(3) 生 活
ア 男性は基本的に全寮制とし、女性は自宅または民間賃貸住宅等からの研修とする。
イ 食費、光熱水料等の生活にかかる費用の内訳は、「九州沖縄農業研究センターでの農業技術研修を希望する皆さんへ」のとおりである。

(4) 問い合わせ先及び申請書提出先
〒839-8503 福岡県久留米市御井町1823-1
九州沖縄農業研究センター 企画部 産学連携室 久留米養成研修チーム長
Tel:0942-43-8314
Fax:0942-43-7014
Eメール : q_yoken@ml.affrc.go.jp

九州沖縄農業研究センター農業技術研修生入所試験実施要領 (1) 推薦入所試験

1 趣旨

九州沖縄農業研究センターにおける農業技術研修では、野菜農家の後継者あるいは地域の指導者となりうる人材の養成を目的として、野菜に関する学理及び技術の修得を希望する者を広く募集し、高等学校長(大学等においては学部長等でも可。以下「高等学校長等」という。)の推薦がある者に対し、所定の選考に基づいて農業技術研修生として選抜し、入所を許可することとする。

2 推薦入所者の定員枠

募集定員の1/2程度とする。

3 推薦要件

次の5項目の条件を満たす者
(1) 野菜園芸の発展に寄与しようとする意欲が強く,明確な目的意識を持つ者
(2) 平成30年3月までに高等学校以上の学校を卒業、若しくは見込みの者
(3) 学業成績が優秀で学習意欲があり、人物及び健康状態が優れている者
(4) 欠席の少ない者(但し,やむを得ない事情がある場合はその旨を調査書に明記すること。)
(5) 専願とする者

4 推薦入所試験日時及び試験科目

(1) 試 験 日 平成29年10月11日(水曜日)
(2) 試験科目 小論文(800 字以内程度)、面接
(3) 試験場所 〒839-8503 福岡県久留米市御井町1823-1
九州沖縄農業研究センター筑後・久留米研究拠点(久留米)
養成研修棟
(4) 内定期日 平成29年10月18日(水曜日)までに合否に関する通知書を送付する。

5 出願期間

(1) 出願期間 平成29年9月1日(金曜日)から平成29年9月22日(金曜日)まで
(2) 提出場所 〒839-8503 福岡県久留米市御井町1823-1
九州沖縄農業研究センター筑後・久留米研究拠点(久留米)
久留米養成研修チーム長 あて

※郵送による出願は9月22日(金曜日)の消印まで有効とする。
※窓口受け付けは平日午前9時から午後4時まで。

6 申請書類

ア. 九州沖縄農業研究センター農業技術研修受講申請書(別紙様式第1号) 1通
イ. 履歴書(別紙様式第2号) 1通
ウ. 志望理由書 1通
エ. 高等学校長等の推薦状(専用様式) 1通
オ. 高等学校長が発行する調査書(大学等にあっては成績証明書) 1通
カ. 健康診断書(1ケ月以内に医療機関発行のもので、診断項目は別紙のとおり) 1通
キ. 写真(アの申請書に添付したものと同じもの) 2枚

(注)
1.上記アからウに掲げる書類は、受験生本人が楷書で明確に記入し、郵送の場合は、封筒表面に「受講申請書在中」と明記して書留で送付すること。なお、提出された書類は一切返却されませんのでご了承ください。
2.高等学校卒業見込み者が受験する場合は、健康診断書の提出を上記(オ)の高等学校長が発行する調査書に代えることができる。

九州沖縄農業研究センター農業技術研修生 入所試験実施要領 (2) 一般入所試験

1 定 員

12名(推薦入所試験内定者を含む)
ただし、募集定員に満たないときは、二次募集を実施します。

2 応募資格

高等学校卒業者若しくは平成30年3月に卒業見込みの者またはこれと同等以上の学力を有する者。

3 一般入所試験日及び試験科目

(1) 一般入所試験日

一次募集 出願期間 平成29年11月13日(月曜日)から平成29年12月8日(金曜日)
試験日 平成30年1月12日(金曜日)
平成30年1月19日(金曜日)までに合否に関する通知書を送付する。
二次募集 出願期間 平成30年1月26日(月曜日)から平成30年2月9日(金曜日)
試験日 平成30年3月2日(金曜日)
平成30年3月9日(金曜日)までに合否に関する通知書を送付する。

(2) 試験科目

a.筆記試験

必須科目:「国語」、「数学I」
選択科目:「生物」または「野菜」から1科目選択

b.面接試験

(3) 試験場所

〒839-8503
福岡県久留米市御井町1823-1
九州沖縄農業研究センター 筑後・久留米研究拠点(久留米)
Tel:0942-43-8314

4 出願場所

〒839-8503
福岡県久留米市御井町1823-1
九州沖縄農業研究センター 筑後・久留米研究拠点(久留米)
久留米養成研修チーム長 あて

※ 郵送による出願は12月8日(金)ならびに2月9日(金)の消印まで有効とする。
※ 窓口受け付けは平日午前9時から午後4時まで。

5 申請書類

ア. 九州沖縄農業研究センター農業技術研修受講申請書(別紙様式第1号) 1通
イ. 履歴書(別紙様式第2号) 1通
ウ. 志望理由書 1通
エ. 高等学校長が発行する調査書(大学等にあっては成績証明書) 1通
オ. 健康診断書(1ケ月以内に医療機関発行のもので、診断項目は別紙のとおり) 1通
カ. 写真(アの申請書に添付したものと同じもの) 2枚

(注)
1.上記アからウに掲げる書類は、受験生本人が楷書で明確に記入し、郵送の場合は、封筒表面に「受講申請書在中」と明記して書留で送付すること。なお、提出された書類は一切返却されませんのでご了承ください。
2.高等学校卒業見込み者が受験する場合は、健康診断書の提出を上記(エ)の高等学校長が発行する調査書に代えることができる。

6 受験票の発送

受験票は、平成29年12月16日(金曜日)までに発送する。

【別紙】健康診断書の診断項目について

医療機関における健康診断項目は、下記のとおりです。なお、健康診断書につきましては、下記の内容が記載されていれば、書式については問いません。

(診断項目)
診察(問診事項)
身長
体重
視力
聴力
血圧
尿(蛋白及び糖)
胸部X線(間接撮影)

(その他)九州沖縄農業研究センターでの農業技術研修を希望する皆さんへ

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構九州沖縄農業研究センター農業技術研修制度の趣旨、研修の方法、その他については募集要項にあるとおりで、既に十分検討されたことと思いますが、さらに理解を深めていただくために、研修制度の性格について当センターの考えをお知らせします。

野菜に関する技術を修得させるため、2ケ年間実習を主体に講義を加えて行っており、一般の農業関係の大学・短大などの教育機関とは研修の内容が異なります。

特に実習では野菜の育種・栽培など、当センターにおいて試験研究の課題の遂行に関与しながら技術を修得します。

これらの点を十分心得ておかれますよう申し添えます。

授業料は徴収しませんが、入所後の経費は毎月48,000円程度(食費・寮費等)が見込まれます。また入所時諸経費として約144,000 円(2年間の研修に必要な教科書・教材等)及び2年間の産地見学研修費として約200,000 円程度必要です。

平成29年4月
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
九州沖縄農業研究センター筑後・久留米研究拠点(久留米)
久留米養成研修チーム

法人番号 7050005005207