生物系特定産業技術研究支援センター 農業機械化促進業務

緊プロ開発機のご紹介

軽量紙マルチ敷設田植機

(1997年発表)

減農薬米農家に朗報

  • 除草剤、除草作業が不要
  • 紙ロール本数は従来の2/3
  • 収量は慣行並みを確保

写真
植付け作業

1.利用のメリット

除草剤や除草作業を不要とする紙マルチの敷設が容易になり、有機米や減農薬米の大幅な省力栽培が可能。

2.開発機の概要

  • 水田用栽培管理ビークルに装着できる6条植え。ペースト施肥機付きで、通常の田植機としても使用可能。
  • 用紙を敷設しながら同時に穿孔・植付け。植付精度は慣行田植機並み。
  • 軽量マルチ用紙は125m/ロールで、4.4ロール/10a必要。ロール本数は、従来の2/3。1回の用紙補給(ロール3本)で6.8a作業可能(途中2回入替え作業必要)。
  • 用紙の補給は左右どちらからでも可能。
  • 抑草効果は除草剤並み。収量も慣行法と同等。
  • 作業能率(ほ場作業量)は20a/時程度で、従来機の約2倍。
    (試験場所:鳥取県農業試験場、生研機構附属農場ほか)

3.活用上の留意点

  • ほ場の均平に注意、水深は走り水程度。
  • 風下側から植付け作業。強風時は作業中止。
  • 耕盤の凹凸が多い圃場では低速作業。

4.委託研究実施会社

三菱農機株式会社三洋製紙株式会社

紙ロール補給作業

植付け後のほ場

5.主要諸元

1.機体の大きさ 全 長 3690mm
全 幅 2300mm
全 高 1760mm
質 量 1065kg
2.植付部 植付条数 6条植え
紙補給装置 左右スライド式
昇降制御方式 ローラフロートによる油圧制御
3.走行部 水田用栽培管理ビークル
4.マルチ用紙 坪 量 90g/m2
長 さ 125m
1900mm
ロール径 160mm
ロール重 21kg

研究センター