生物系特定産業技術研究支援センター

メールマガジン

2016年1月19日号(臨時)

====================================================================
          ◇◆◇ 生研センター(研究資金業務関係)メールマガジン ◇◆◇
====================================================================
平成28年1月19日発行(臨時)
 本メールマガジンでは、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター(農研機構生研センター)研究資金業務の事業成果・関連イベント等の情報を配信しております。

--------------------------------------------------------------------
  ■ 主要トピック
--------------------------------------------------------------------
◆平成27年度補正予算案における「革新的技術開発・緊急展開事業」について

  平成27年度補正予算案が、平成27年12月18日(金曜日)に閣議決定され、農林水産試験研究関係では、新たに「革新的技術開発・緊急展開事業」を創設することとなりました。

  本事業は、農林水産業の競争力強化に向けて、生産現場における先進技術を組み合わせた革新的技術体系の実証や、次世代の技術体系を生み出す研究開発を支援するものです。

  事業の種類と委託先は次のとおりです。

1.地域戦略に基づく国際競争力強化支援(地域戦略プロジェクト)

  研究の成果を各地域の競争力強化につなげるため、地域戦略に基づき、研究機関と関係者(生産者、民間企業、地方公共団体等)が共同で取り組む、ICTによる高度な生産管理や鮮度保持技術などを組み合わせた、生産現場における革新的技術体系の実証研究・普及を支援します。
  【支援対象】地方公共団体、研究機関(国研、公設試、民間、大学等)、農林漁業者(法人を含む。)、民間企業等で構成するコンソーシアム

2.次世代の先導的技術開発(先導プロジェクト)

  将来に向けて競争力の飛躍的な向上を図るため、新たな価値や需要を生み出す品種の開発や、ロボット技術等を活用した生産性の限界を打破する全く新たな生産体系の開発など、国の主導で次世代の技術体系を生み出す研究開発を支援します。
  【支援対象】研究コンソーシアムまたは単独の研究機関

◆予算額(概算決定額) 100億円

◆事業実施主体 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センターが実施する予定。

◆ブロック技術提案会の開催
   農林水産省では、革新的技術開発・緊急展開事業の推進のため、現場ニーズ及び研究機関が有する技術シーズを聴取することを目的としたブロック技術提案会を、平成28年1月21日(木曜日)から全国9ブロックで順次開催することとしています。

◆公募の時期(予定)
   平成27年度補正予算案が国会で承認された場合には、2月上旬から公募を開始する予定です。
   また、公募を開始した後、公募に関する説明会を開催する予定です(日時、会場は未定)。

◆本事業のホームページ
   革新的技術開発・緊急展開事業に関する説明資料、Q&A等については、農林水産省のホームページに掲載されておりますので、ご覧ください。
   http://www.s.affrc.go.jp/docs/kk27/index.htm