農業技術革新工学研究センター

高度施設型作業ユニット(つくば)

イチゴ収穫ロボット: マシンビジョンにより果実位置を計算し果実の色味具合を判定したのち、イチゴの果柄を把持・切断して自動収穫します。

高度施設型作業ユニットは、施設園芸の効率化・自動化を目指し、ICTやRTなど先端的技術を活用した新しい技術開発に取り組んでいます。
これまで、イチゴ収穫ロボットや、そのベースとなる循環式移動栽培装置を開発してきました。栽培ベッドを縦方向と横方向に循環移動させることで高密植な栽培が可能となり、土地利用効率が飛躍的に向上します。作業者は栽培施設を動き回る必要がなくなり定位置で定植や収穫などの作業を行うことができます。また、この作業位置に収穫ロボットを定置させることで、マシンビジョンによるイチゴ果実の認識が容易になり収穫性能も安定します。
収穫後のパック詰めの自動化にも取り組み、果実を1果ずつ傷つけないように吸着して拾い上げ、平詰めソフトパックに姿勢を揃えて詰めるパック詰めロボットを実用化しました。
施設内の作業のうち、防除作業(農薬散布)は農薬被曝の危険があることから、夏場でもカッパなどの防御服を着用して行っています。「防除ロボット」と呼ばれるバッテリーカーを利用した無人散布方法もありますが、作物への農薬の付着が不十分でした。この無人散布技術に、エアアシストを使った静電散布技術を組み込むことで手散布並みの散布性能を持つ施設内防除機を開発しました。
現在は、収穫システムの運用技術、農産物の生育情報取得および品質評価技術、栽培管理を効率化する技術の開発に注力しています。特にICTを活用することにより、作物の生育情報と、収量や品質情報をリンクさせることは新たな需要の創出につながると期待されています。


メンバー