九州沖縄農業研究センター

畜産環境・乳牛グループ

地域バイオマスを最大限に利用した資源循環型の農業システムを構築するために、家畜排せつ物や食品加工残さ等をエネルギー利用するとともに、化学肥料や土壌改良資材の代替として活用する技術を開発しています。西南暖地の乳牛飼養において水田由来の自給飼料を最大限活用する生産体系の確立に資する技術開発をしています。

(2017.4.4 更新)

畜産環境・乳牛グループ

メンバー

所在地への交通アクセス