種苗管理センター

嬬恋農場

■沿革
嬬恋農場は、ばれいしょ生産の安定向上のために必要な健全無病なばれいしょ原原種の生産・配布を目的として1947年(昭和22年)に農林省嬬恋馬鈴薯原原種農場として設立されました。
1960年(昭和35年)に嬬恋農場秋作部が長崎県内に設置されましたが、1964年(昭和39年)に秋作部が独立して農林省雲仙馬鈴薯原原種農場(現雲仙農場)となりました。
1986年(昭和61年)12月、組織の再編統合により種苗管理センターが設立され、「農林水産省種苗管理センター嬬恋農場」に名称を改めました。
2001年(平成13年)4月には、中央省庁等改革の一環として独立行政法人種苗管理センターの発足により、「独立行政法人種苗管理センター嬬恋農場」となりました。
2016年(平成28年)4月に農研機構との統合により、「国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 種苗管理センター嬬恋農場」となり現在に至っています。

■業務概要
○ばれいしょ原原種生産
原原種ほ場約12ha(耕地116ha、5年輪作)を作付けし、平成25年度は生食用(デジマ、シンシア、農林1号、アンデス赤等)の21品種の原原種を生産し、約4,174袋(約83t)を配布しました。
高品質化についてはシストセンチュウ等の病害虫侵入防止策の徹底、ウイルス感染防止策、栽培期間中病気株の抜取り及び品質調査を行っています。
ばれいしょ原原種生産の根幹となる輪作体系及び土壌の保全については、牧草・エン麦等の緑肥作物による地力の維持向上、明暗渠の敷設による排水対策及びエロージョン防止等を実施しています。
茎頂培養によりウイルスフリー化(検定を行い健全無病の確認済み)された母本を、試験管等の器内で増殖した幼苗またはマイクロチューバー(1g程度の極小粒塊茎)を用い、施設内にて養液栽培によるミニチューバー(10~20g程度の塊茎)の生産を行っています。
掘り残しの野良いも対策として、土壌凍結を促すため、圧雪処理を実施しています。