食品研究部門

研究成果展示会

「農研機構食品研究部門研究成果展示会2018」開催
2018年成果展示会ポスター 1.趣旨
農研機構食品研究部門は、食と健康の科学的解析、食料の安全性確保と革新的な流通・加工技術の開発など、食品や農産物について基礎と応用の両面にわたり幅広く研究しています。
本展示会では、食品研究部門の最近の研究成果及びその関連情報を、実際に研究を担当している研究者がポスターを用いて直接ご説明させていただき、研究成果に関する質問や相談等に対応いたします。
食品関連産業に携わる企業や地方公共団体等の研究者・研究開発施策担当者の皆様と、食品研究部門の研究者の情報交換・交流の場である本展示会を、連携の強化、共同研究の推進、新たな事業展開等のきっかけの場として、ぜひご活用ください。
2.主催
農研機構食品研究部門
3.日時
平成30年11月2日(金曜日)9時30分~16時00分
4.場所
つくば国際会議場(つくば市竹園2-20-3)多目的ホール他
5.内容
●成果展示会 農研機構食品研究部門の研究者全員がポスター前でお出迎えします。
▼ポスター一覧へ
9:30~16:00 多目的ホール
(約100枚のポスターを展示します。ポスターの前で研究員とディスカッションしていただけます)

●第36回公開講演会 研究成果をわかりやすく紹介します。
11:00~12:00 中ホール200 以下の3つのテーマを紹介します。

1) リンゴ(生鮮)の機能性表示 11:00~11:20
食品健康機能研究領域 食品機能評価ユニット長 庄司俊彦

2) HACCPに沿った衛生管理の制度化と食中毒菌検査技術の開発 11:20~11:40
食品安全研究領域 食品衛生ユニット上級研究員 川﨑 晋

3) イミダゾールジペプチドの高度精製技術と機能性食品の開発 11:40~12:00
企画管理部企画連携室交流チーム長 萩原 昌司

6.参集範囲
食品関連産業に携わる企業・団体の研究開発担当者、公設試や大学、独立行政法人の研究者、国や地方公共団体の研究開発施策担当者など。

7.参加費・参加登録
無料、事前登録は不要。

8.その他
フード・フォラム・つくば企業交流展示会2018も同時開催いたします。
地方公共団体等の食品関係試験研究機関の研究成果のポスターを展示します。

9.問合せ先
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
食品研究部門 企画管理部 企画連携室 広報プランナー
E-mail: kohop-nfri*ml.affrc.go.jp、TEL:029-838-8050、FAX:029-838-8005
(E-mailアドレスは、*を@に変更してお問い合わせ下さい)