遺伝資源センター

ジーンバンク事業推進室

15万種類の種子が保管されている低温種子庫から、目的の種子を取り出す様子(写真)が見学できます。

ジーンバンク事業推進室と運営チームは、農業生物資源ジーンバンク事業の事務局として、遺伝資源の受入、保存、配布等の業務や遺伝資源の情報管理を担当しています。また、農業生物資源ジーンバンク事業は遺伝資源センターに加えて、農研機構の他のセンター・部門や他の国立研究開発法人、大学、公設農試等が参画し、ネットワークとして遺伝資源の保存や調査を行っています。ジーンバンク事業推進室はそうしたネットワークの連絡役も担当しています。

遺伝資源の受入では、海外や国内で探索収集された植物遺伝資源のデータをデータベースに入力するとともに、乾燥室で種子を乾燥させ、ゴミや被害粒を取り除き、精選した後に発芽試験で発芽力を確認し、長期保存に移します。

植物遺伝資源の種子の長期保存は、配布用の種子を収納する「配布庫」と元種をバックアップ用に収納する「永年庫」で行います。種子の発芽力を維持するには温度と湿度を低く保つことが大切です。そのため、配布庫のなかは-1°C、湿度30%、永年庫は-18°C、湿度30%に保たれています。配布庫や永年庫の管理はコンピュータ化され、職員が内部に入ることなく、隣室から提供依頼のあった種子を取り出すことのできる自動種子入出庫装置を備えています。現在、約22万点の植物遺伝資源を保存し、その中には約4万点のイネ、約6万点のムギ、2万点のマメ類が含まれています。しかし、こうした条件で保存しても種子の発芽力は徐々に衰えます。そのため、配布庫の約14万点の遺伝資源について5年に1度の頻度で種子の発芽試験を行い、その発芽力を確認しています。発芽力が衰えた遺伝資源は種子を再増殖し、十分な発芽力を持った種子を配布できるようにしています。

遺伝資源の配布では、国内外の研究機関や大学、民間会社等から研究用・教育用の材料として提供の依頼を受け、平均して年間約一万点の遺伝資源を配布しています。

多くの遺伝資源を保存し、利用者に適切な遺伝資源の情報を提供するために、推進室の情報担当が遺伝資源データベースの管理を行っています。
利用者は農業生物資源ジーンバンクのwebページ(http://www.gene.affrc.go.jp/index_j.php)から必要な遺伝資源を検索し、提供を依頼することができます。


メンバー

  • 室長 川﨑 雅之 (かわさき まさゆき)
  • 運営チーム長 知花 高志 (ちばな たかし)
  • 主査 小柳 千栄 (おやなぎ ちえ)
  • 主査 宮下 進 (みやした すすむ)
  • 主査 小岩 和子 (こいわ よりこ)
  • 主査 中島 たけ代 (なかじま たけよ)
  • 主査 工藤 雅枝 (くどう まさえ)
  • 主査 服部 幸子 (はっとり さちこ)