農業環境変動研究センター

温暖化適応策ユニット

メッシュ農業気象データは、予報が組み込まれた日別気象データで、全国を約1kmのメッシュでカバーします。気象対応型栽培技術や生育モデル、病虫害発生モデル等と組み合わせて、農業気象災害の早期警戒や栽培管理の支援をするシステムを構築します。

極端な高温条件の出現頻度の高まりや、将来のさらなる温暖化など、農業生産に大きな影響を与える気候変化に対して、適応策が求められています。温暖化適応策ユニットでは、適応策の基盤データとなる1km解像度のメッシュ農業気象データの気象要素の拡充、時間分解能の向上、栽培管理に重要な新しい農業指標の作出と、全国にデータを配信するシステムの構築を行っています。また、水稲、小麦、大豆などの土地利用型作物の生育シミュレーションモデルについて、高温障害、登熟性、窒素施肥反応、生産性などを説明できるように高度化するとともに、それらを用いて栽培管理支援情報を作成するアルゴリズムの開発を行っています。モデルの実用性を高めるために、対応可能な品種数を増やすことも重要な研究目的です。例えば、栽培管理や農作業計画に役立つ発育ステージ予測モデルについては、水稲100品種に対応する事を目標にしています。さらに、ICT技術を使用して農業気象災害を軽減するための情報を配信する、早期警戒・栽培管理支援システムを開発します。システムの早期警戒機能は、農業気象災害が生じそうな気象条件が予測される場合に、警報をユーザーに届けます。栽培管理支援機能は、栽培管理に必要な発育ステージ予測情報、高温登熟障害を抑制する施肥管理に対するアドバイスなど、農家の意志決定支援に必要な情報をインタラクティブに提供します。このようなシステムの2つの機能を通じて、農業の温暖化適応を支援します。


メンバー