農業環境変動研究センター

農業空間情報解析ユニット

人工衛星画像に見る関東地方

農業空間情報解析ユニットでは、近年の農業環境が急激に変動するなか、農地を中心とした環境変動のモニタリングのために、リモートセンシング及び地図データなどによって得られる空間情報を取得して組み合わせる解析手法を発展させるとともに、地理情報システム(GIS)による地図化と広域的変動指標の作成を探求します。地図をはじめとして、農業の研究や生産現場では、空間情報を活用する場面が数多くあります。農地はどこにあり、どのように分布しているのか、あるいは農地の状態に地域的な偏りがあるのか、また、農地の周辺の土地利用や環境はどのような状況になっているのか。このような質問に答えるためには、農業環境における「何時、何処で」について、あらゆる空間情報を収集して解析する必要があります。そのような空間情報は各種の地図情報、更に、人工衛星、航空機、ドローン等で取得するリモートセンシング画像情報、そして現地調査で収集するGPSの位置情報など、様々な技術で取得することができます。これらの技術の特徴を生かしながら統合して、農業環境に関わる課題と取り組むための情報を整備する手法を開発しています。特に、農業生産基盤の中心であるとともに多面的機能の発揮に大きく貢献する、水田領域の分布の把握に力を入れています。それらにより、農地及び農地周辺の利用状況の変化をモニタリングしつつ、環境保全や耕作推進に向けた地域の総合的な土地利用施策の構想等に資する空間指標の整備を目的としています。また、リモートセンシングとGISを活用するあらゆる分野の研究者と協力し、解析手法や解析設備の運用についてサポートを提供するとともに、共同研究を進めています。


メンバー