生物機能利用研究部門

新特性シルク開発ユニット

役割

付加価値の高い新たな特性を持つ高機能シルク素材を開発し、地域の生産・加工業者と連携して製品化することを目標としするとともに、 新特性シルクを生産するカイコの農家での飼育を可能にする飼育管理技術を確立する。

主な研究テーマ

  • 高機能シルク素材の開発
  • シルク関連の機能性物質を用いた製品開発のための技術開発
  • 遺伝子組換えカイコの生物多様性評価のための科学的知見の蓄積と解析

蛍光シルクを用いて製作されたウエディングドレス

大阪帝国ホテルで7月20日に行われた2016 YUMI KATSURA GRAND COLLECTION IN OSAKAにおいて、蛍光シルクを用いて作られた新作ドレス(ソワレ,デザイン:桂由美氏)を披露しました。このドレスは、浜縮緬工業協同組合と(株)ユミカツラインターナショナルと農研機構が共同で制作しました。なお、導入されている蛍光タンパク質は、国立研究開発法人理化学研究所及び(株)医学生物学研究所が共同開発したものです。


メンバー

ユニット長

冨田秀一郎

主席研究員

行弘研司
中島健一

主任研究員

平山力
河本夏雄
岡田英二

メンバーの主要成果 (プレスリリースした成果など)

  • 「遺伝子組換えカイコの第一種使用等としての隔離試験飼育の開始」(平成26年度、動物では国内初)
    (原著論文) (過去5年以内に発表したもの)

  • Sezutsu H, Yukuhiro K (2014) The complete nucleotide sequence of the Eri-silkworm (Samia cynthia ricini) fibroin gene.  J Insect Biotech Seric  83: 59-70.
  • Yukuhiro K, Sezutsu H, Tamura T, Kosegawa E, Iwata K, Ajimura M, Gu S-H, Wang M, Xia Q, Mita K, Kiuchi M (2013) Little gene flow between domestic silkmoth Bombyx mori and its wild relative Bombyx mandarina in Japan, and possible artificial selection on the CAD gene of B. mori Genes & Genet Sys 87:331-340
  • Komoto N, Tomita S (2012) Development of a clonal analysis system in the silkworm, Bombyx mori, mediated by FLP and FRT. J. Insect Biotechnol. Sericol., 81, 63-67.
  • Komoto N, Yukuhiro K, Tomita S (2012) Novel gene rearrangements in the mitochondrial genome of a webspinner, Aposthonia japonica (Insecta: Embioptera). Genome, 55, 222-233.
  • Kobayashi I, Tsukioka H, Komoto N, Uchino K, Sezutsu H, Tamura T, Kusakabe T, Tomita S (2012) SID-1 protein of Caenorhabditis elegans mediates uptake of dsRNA into Bombyx mori. Insect Biochem. Mol. Biol., 42, 148-154.