生物機能利用研究部門

遺伝子利用基盤研究領域

遺伝子利用基盤研究領域の概要

国内農業の競争力強化や生産農業所得の増加に向けて、農作物の栽培や昆虫の飼育を行っている農業現場からは、生産コストを抑えたり、付加価値を高めたりした新品種の開発が求められています。

当研究領域では、生物のゲノムに有用な外来遺伝子を導入する遺伝子組換え技術や、ゲノム中の標的遺伝子をピンポイントで改変することができるゲノム編集技術などの開発と高度化に取り組むとともに、これらの先端技術を活用して、従来の交配育種では達成できない、画期的な新品種の開発を目指しています。

領域長

吉田 均 (よしだ ひとし)


所属ユニット