生物機能利用研究部門

植物・微生物機能利用研究領域

植物・微生物機能利用研究領域の概要

植物は自然界や栽培環境下で、さまざまな他の生き物と共存しています。なかでもカビやバクテリアなどの微生物と植物の相互作用は、植物の生長に大きな影響を及ぼし、農業にとっても重要な意味を持ちます。植物に病気をもたらす微生物がいる一方で、植物の生長を助ける微生物もおり、植物・微生物機能利用研究領域では、これらの仕組みを理解し、利用することで作物の生産性を高める技術の確立をめざしています。

当領域における研究のひとつの柱は、病原微生物により引き起こされる病害の仕組みの解明と、それに基づく病害抵抗性の増強です。病原微生物の感染初期から植物の病害抵抗反応の発動までを分子レベルで理解することで、効果的な病害防除技術の確立をめざします。

当領域の研究のもうひとつの柱は、植物の生長を促進したり病害抵抗性を高めたりする植物-微生物相互作用の理解です。肥料の吸収を高める微生物や、他の病原微生物を駆逐する微生物を利用し、環境にやさしい持続的な農業生産技術の開発を進めます。

これらの研究に加えて、当領域では、植物の基本的な生長に関わる仕組みの理解や、植物の機能改変のための新しい技術の開発にも取り組み、作物生産性の向上をめざして多面的なアプローチを行っています。

領域長

土生 芳樹 (はぶ よしき)


所属ユニット