次世代作物開発研究センター

作物見本園

アマランサス

仙人穀、紐げいとう

「アマランサス」
tuberCROP4otherCROP4flowerCROP4

英名: grain amaranth
科名: ヒユ科
学名: Amaranthus hypocondriacus,
種類: 雑穀、擬穀類食用

起源

地図
中南米の熱帯高地では歴史の古い栽培植物である。16世紀のメキシコではトウ モロコシ、インゲンマメとならび原住民の重要な主食であった。

作物的特徴

穀物として栽培されるのは種皮色の薄いもので、黒色のものは野菜・鑑賞用で 、なかには雑草化するものもある。A. hypocondriacusA. caudatusA. cruentusの3種が主要な子実用栽培種である。種子はきわめて小さく、もち、うるち種 がある。生態型により日長反応が異なる。穀類のなかでは蛋白質が高く、アミノ 酸の一つであるリジンの含量は大豆に匹敵する。葉も蛋白含量が高く”熱帯のホ ウレンソウ”といわれる。

用途

穀物および、野菜として利用する。子実は粉にしてパン・ケ-キのような食べ 物、あるいは粒のまま粥のようにして食べる。

生産地

中南米諸国、インド、ヒマラヤ、ネパ-ルの特定地域。