次世代作物開発研究センター

作物見本園

ホウキギ

箒木

「ホウキギ」「ホウキギ」

英名: summer-cypress
科名: アカザ科
学名: Bassia scoparia (L.) A. J. Scott
種類: 工芸作物(ほうき)食用、薬用

起源

地図
ユーラシア大陸の乾燥地帯に広く分布する。

作物的特徴

1年性草本。草丈は50~100cmで、栽培される系統は分枝が多い。葉は長さ2 ~3cmの針状で、わが国では10~11月に開花する。

用途

根ぎわで茎を切り取り乾燥させると、そのままほうきとして利用できる。種子 は含油率が高く、東北地方では”とんぶり”と呼ばれ、食用とされる。また、種 子や全草には利尿作用があり、薬用とされる。球状に生育するハナホウキギ(写 真)は観賞用に栽培される。

生産地