次世代作物開発研究センター

作物見本園

クロダイズ

黒大豆

クロダイズクロダイズの花クロダイズの実

英名: Black soybean
科名: マメ科
学名: Glycine max (L.) Merrill
種類: 豆類(食用)

起源

中国東北部

作物的特徴

種皮にアントシアニン系の色素を含むため、外見が黒色を呈する。栄養成分的には通常のダイズと同等である。概ね7月初旬に種を播き、8月ごろに品種により異なる薄桃色・薄紫色・白色の花を咲かせ、9月~10月頃に莢に実をつける。だんだんと実が黒く色づき、中生種では10月上旬から11月上旬、晩生種では11月中旬から12月上旬に収穫される。最近では、実が黒く色づく手前の10月ごろに収穫される枝豆に人気がある。

用途

枝豆、納豆、豆腐、甘納豆、食用油、味噌、醤油

生産地

代表的な品種として、江戸時代から栽培されている大きさが極大に分類される兵庫県篠山市付近より選抜育成された「丹波黒」、京都府京丹波町の「和知黒」がある。その他、、京都府亀岡市・南丹市などの「紫ずきん」、岡山県勝英地域の「作州黒」、長野県の「信濃黒」、長野・群馬県の「玉大黒」、北海道の「中生光黒」「晩生光黒」「いわいくろ」など多数ある。 また、小粒の黒豆として、「黒千石」、「くろこじろう」がある。