次世代作物開発研究センター

作物見本園

モロコシ

唐土

「モロコシ」「モロコシ」「モロコシ」

英名: sorghum
科名: イネ科
学名: Sorghum bicolor
種類: 穀類(雑穀、食用、飼料)

起源

熱帯アフリカ

作物的特徴

イネ科の一年草のC4植物・穀物。熱帯、亜熱帯の作物で乾燥に強く、イネ、コムギなどが育たない地域でも成長する。また、中国での呼称であるコーリャン(高粱)とも かつては呼ばれた。草丈は、野生種でおおむね3mに達するが、栽培用品種では1.5m程度のものが多い。葉も長さ1m以上で幅10cm程度になり、茎は太さ3cm程度で芯の詰まったものとなっている。夏になると茎の先端に穂が出る。穂は節が10程あり(節は必ずしも明瞭ではないが、複数の穂枝が出ていることから逆に見分けられる)、各節より6本程度の枝が放射状に出ている。各枝は更に数十に枝分かれしており、最終的には一つの穂で3,000程の小さな穂を付ける。なお、実の千粒重は25g程度。その色は紫や赤に近い。

用途

食用、飼料

生産地