次世代作物開発研究センター

作物見本園

レモングラス

英名: lemongrass
科名: イネ科
学名: Cymbopogon spp.
種類: ハーブ(香料)

起源

地図
熱帯。

作物的特徴

宿根生草本で、草丈1.5m以内で外観は茅(カヤ)に似ている。株分けにより繁 殖する。高温多湿を好み、熱帯各地に生育する。

用途

葉を蒸留するとレモングラス油(lemongrass oil)が得られる。レモングラス 油の主成分はシトラ-ル(citral)で、これを抽出・精製してさらに人工のすみ れ香料ヨノ-ン(ionone) を製造する。または、そのまま石鹸、香水などに用い る。熱帯地方ではレモンの代替として搾って飲むか、あるいは酸味料として常用 している。

生産地

インド、スリランカに多い。ほかにインドネシア、マレ-シア、ザイ-ル、中 央アメリカの一部で栽培されている。