次世代作物開発研究センター

作物見本園

テパリービーン

英名: tepary bean
科名: マメ科
学名: Phaseolus acutifolius A.Gray
種類: 豆類(食用、飼料)

起源

地図
アメリカ南西部およびメキシコが原産で、アフリカの西部、東部、マダガスカ ルに導入され栽培されている。

作物的特徴

1年生草本で、長さ2m位のつるになる。中日性あるいは短日性で、暑熱乾燥に 対する耐性は強いが多湿条件は不適である。夜間気温が8°C以下になるところで は生育できないといわれる。花はエンドウに似て白色、ピンク色あるいは薄紫色 、種皮は白色、黄色、褐色あるいは深紫色である。

用途

乾燥豆とし、煮沸、摩砕してス-プに加えられる。アメリカでは乾草および被 覆作物として利用される。

生産地

アフリカ、アメリカの乾燥地帯。