次世代作物開発研究センター

作物見本園

宿根ソバ

赤地利蕎麦

英名:
科名: タデ科
学名: Fagopyrum cymosum
種類: 半野性種(薬用)

起源

地図
中央アジア原産で、 中国より導入された。

作物的特徴

多年生。冬には地上部は枯れるが、根茎から新しい茎を叢生してひろがる。子 実の生産量は多くないが稔実し、種子繁殖もできる。胚軸は短く、茎が硬く倒伏 には比較的強い。

用途

若い葉が食べられるので、”野菜そば”の俗称もある。ルチン含量が高く漢方 薬として用いられる。

生産地

ヒマラヤ山麓の林地に自生する。わが国では青刈飼料としての利用を試みたこ とがあるが、実用的栽培はない。