次世代作物開発研究センター

作物見本園

大麦が成熟期を迎えようとしています。


写真左側奥の小麦は、まだ緑色が多く残っていますが、中央部と右側の大麦は成熟期を迎えようとています。


これは大麦品種「ビューファイバー」です。以下、大麦の各品種の穂をご紹介します(横を向いている穂もありますが、写真では縦向きに揃えてあります)。


大麦「カシマムギ」。茨城県で麦茶用六条大麦の主力品種でした。縞萎縮病に弱く、中折れしやすいのが欠点です。


大麦「さやかぜ」。縞萎縮病抵抗性で、「カシマムギ」よりやや晩生の麦茶用六条大麦の品種です。


大麦(六条 皮)「カシマゴール」。縞萎縮病抵抗性で中折れしにくい、麦茶用六条大麦の新しい品種です。


大麦「はるしらね」。麦ご飯にした時に褐変しない六条大麦の新しい品種です。


大麦(二条 裸)「ビューファイバー」。機能性が期待できる食物繊維β-グルカンを多く含む新しい品種です。


大麦「シュンライ」。関東地域を中心に作付けされている精麦用の六条大麦です。


大麦(二条 裸)「ユメサキボシ」。実用品種としては日本初の二条性の裸麦です。関東地域より西で作付け可能な比較的新しい品種です。


大麦(二条 裸)「キラリモチ」。もち性と褐変しない性質を持ち、β-グルカンも多く含む新しい品種です。芒(ぼう。針のような毛。のぎ、のげとも呼ばれる)がとても長いです。


大麦(二条 皮)「サチホゴールデン」。関東地域だけでなく、九州でも作付けされているビール原料用の品種です。これも芒がとても長いです。


大麦(二条 皮)「はるか二条」。主に九州で作付けされる縞萎縮病に強い多収の二条大麦の新しい品種です。食用及び焼酎醸造用です。