次世代作物開発研究センター

作物見本園

種まきから4週間経ちました。

農研機構内の観測では、今朝はこの冬一番の冷え込みでした。麦見本園周辺の初冬の風景です。

これは日付を8日遡った11月26日の様子です。種をまいてから20日経っています。写真の手前から10列が大麦、それより奥が小麦です。

こちらは、きょう12月4日の様子。種をまいてから28日経ちました。この8日間で、かなり育ちました。でも、なんだか葉が寝ているように見えます。

これは11月26日の大麦品種「ビューファイバー」です。

こちらは、きょう12月4日の「ビューファイバー」。実は、きのう12月3日に第1回目の麦踏みを行ったので、葉が寝た姿になっています。

これは11月26日の小麦品種「ゆめちから」です。

こちらは、きのう麦踏みをした、きょうの「ゆめちから」。

上から見た、きょうの大麦「ビューファイバー」(左)と小麦「ゆめちから」(右)。横向きの足跡がたくさん見えます。麦踏みには、根張りを良くし、過繁茂を抑制し、凍霜害を軽減するなどの効果があります。