次世代作物開発研究センター

作物見本園

凍てつく寒さの中で、麦は頑張っています。

新しい年2021年を迎えました。北方22kmにある、朝もやに浮かぶ今朝の筑波山です。紫峰(しほう)の別名を持ちます。

日付をさかのぼって、1月5日(種をまいてから60日後)の麦見本園の様子です。手前から10列が大麦、それより奥が小麦です。

ここから先が、きょう1月13日(種をまいてから68日後)の様子。寒いさなかなので、8日間で目に見えるほどの生長はないようです。

大麦品種「ビューファイバー」です。葉先が少し黄色くなっています。

小麦品種「ゆめちから」です。

葉には、霜や昨日わずかに降った雨が凍って着いていますが、麦は頑張っています(大麦「ビューファイバー」)。

朝もやが徐々に晴れてきました。農研機構構内の建物から見た、西南西144kmにそびえる富士の頂です。本年もよろしくお願いいたします。