次世代作物開発研究センター

作物見本園

線香花火のようなこの花は何でしょう。


セイヨウカボチャ(ウリ科)の花が咲きました。これは雌花です。


セイヨウカボチャの雌花の基部には、ふっくらとした子房が見えます。これが育つとカボチャの実になります。


こちらはセイヨウカボチャの雄花。花の基部にふくらみがありません。


ナス(ナス科)の花。実ばかりでなく、花も茎も葉脈も紫色をしています。


トウモロコシ(モチトウモロコシ、イネ科)の雄穂(ゆうすい)が出ました。モチトウモロコシは蒸したときのモチモチした食感が特徴の、東アジアで好まれたトウモロコシです。


こちらはトウモロコシ(モチトウモロコシ)の雌穂(しすい)です。ひげのようなものが絹糸(けんし)と呼ばれるめしべで、1本ずつの絹糸が1粒ずつの実につながっています。


モロコシ(タカキビ、イネ科)の穂が出ました。実を食用や飼料用にします。


ホウキギ(ヒユ科)の薄黄色のごく小さな花も咲きました。これの実が「畑のキャビア」とも呼ばれるトンブリです。


ホウキギの小さな花のクローズアップです。


線香花火のような賑やかな花の正体はベニバナ(キク科)でした。紅花油、染料、薬用として使います。