畜産研究部門

家畜胚生産ユニット

肥育前若齢雌牛の卵巣から採取し、体外発育させた卵子由来の世界初の子牛(左)

家畜胚生産ユニットは、「生殖細胞・受精卵の効率的生産・保存及び利用技術の開発」の課題に取り組んでいます。生殖細胞とは精子と卵子です。体外受精によって受精卵を作り、胚移植を行って産仔を得ます。したがって家畜を増産するにはそれを上回る数の生殖細胞が必要となります。ところが卵子は簡単に大量には入手できません。牛を例にとれば、自然では一頭の子牛の出産に備えて準備される卵子は1個に過ぎません。そこで、卵子を大量生産する培養技術の開発を目的の一つとしています。実は、卵子は培養しても増えることはありません。卵子の「もと」になる卵母細胞も増殖しませんが、小さな卵母細胞は卵巣内に大量に蓄えられています。自然ではその蓄えの多くは卵巣内で失われる運命にありますが、卵子になるまで体外培養することができれば大きな資源となります。現在、若齢雌牛の卵巣から卵母細胞を採取し、発育させて卵子を作る研究に取り組んでいます。基本的な技術はすでに構築され、若齢雌牛由来の体外発育卵母細胞としては世界初の産仔が得られています。これからは大量生産に向けての効率化が注力すべき課題です。しかし、どんな卵子でもいいというわけではありません。牛の受胎率低下が深刻な問題となっていますが、受精卵の発生能力が十分でなければ受胎率をさらに引き下げる要因となってしまいます。そこで、受精性の高い受精卵を生産する技術とその中から良いものを選別する技術の開発に取り組んでいます。また、家畜の増産において影響力が大きいのは精子の選別です。本来「ばら撒かれるべく準備される」精子なので、優良なものを選別することが何より重要です。実際、長い育種改良の結果、選ばれた種雄牛の精子のみが流通しています。最近では、精子による雌雄選別も実用化されています。本ユニットでは、受胎性という指標を取り入れた凍結精液の評価や選別の技術開発を行っています。では、大量の卵子が作成され、良質な卵子と精子が選別されるようになったら、どのような問題が出てくるでしょうか?魚などと異なり、哺乳類は卵子や受精卵だけでは個体にならないことです。胚移植するための母体が必要です。そこで、作出された卵子を条件が整うまで超低温保存する技術を開発しています。このようにして、生殖細胞・受精卵を生産・選別し、保存する技術の開発に取り組んでいます。

メンバー