農村工学研究部門

移転推進室

業務概要

1) 試験及び研究並びに調査の成果に係る普及及び広報に関すること。
2) 試験及び研究並びに調査の成果に係る知的財産権の活用に関すること。
3) 行政等への技術支援に関すること。
4) 共同研究等の契約に関すること。
5) 産学官連携に関すること。
6) 技術の講習(技術の研修に関する事を除く。) 及び相談に関すること。

1)研究成果の普及及び広報
農村工学研究部門の試験・研究・調査の成果等に関する研究部門の窓口となっています。

刊行物

見学・取材の申込み、技術についての問合せ
このページの「お問合せ」をクリックし、「見学のお申し込み」「取材のお申し込み・プレスリリースのお問合せ」「技術についてのお問い合わせ」等を選択してからお申し込み下さい。

2)知的財産の活用について
知的財産の活用についてのお問合せ、お申し込みは、このページの「お問合せ」をクリックし「技術についてのお問合せ」からお申し込み下さい。

3)行政等への技術支援
技術支援に関して、事業の実施現場等で設計基準等に基づくコンサルタンツや地方農政局土地改良技術事務所で対応できない技術的課題であって、研究独法の使命として対応すべき事項に関して、事業現場への支援を行っています。

具体的には、以下のような技術相談、調査・技術指導・講習等派遣、委員会委員の派遣、受託研究を基本に取り組んでいます。

移転推進室が対応窓口となりますのでご相談下さい。

技術相談

農村工学研究部門が有する専門的知識が必要な場合には、次のような技術相談の方法を用意しています。

  • (1) 電話、Fax、Eメール等で、必要な時に随時相談したい。
    技術移転部移転推進室で随時受付いたします。
    電話:029-838-8296、Fax:029-838-7680、Eメール:iten[@]ml.affrc.go.jp
    ※メールを送信する際は[@]の[ ]をとってください。
  • (2) 農村工学研究部門の担当者に直接面談等で説明したい。
    移転推進室に連絡いただければ、調整の上、担当研究者を紹介いたします。
  • (3) 様々な技術課題について相談したい。
    農村工学研究部門では、定期的に実用新技術説明会及び技術相談会を開催していますので、ご活用下さい。

調査・技術指導・講習等派遣

研究者を事業の実施現場等に派遣し、農村工学研究部門が所有する知的財産等を活用した調査・指導、あるいは、試験の実施や指導等を依頼する場合に該当します(概ね1泊2日程度の行程を想定)。移転推進室へ事前にご連絡いただければ、該当する研究者と日程調整等を行います。

なお、派遣に当たっては、国営事業(務)所長等からの正式な依頼文書に基づき該当する研究者の派遣を決定します。また、 (国研)農業・食品産業技術総合研究機構規程等により謝金は不要ですが、旅費や調査等に要した経費については依頼側で負担していただくことになります。

委員会委員の派遣

国営事業(務)所が委員会を設置し、高度な専門知識を有する研究者の委員への就任及び委員会の出席を依頼したい場合には、移転推進室に事前にご連絡いただければ、該当する研究者と調整等を行い回答いたします。

なお、委員会への派遣については、国営事業(務)所長等からの正式な依頼文書に基づき該当する研究者の派遣を決定します。また、 (国研)農業・食品産業技術総合研究機構規程等により謝金は不要ですが、旅費については依頼側で負担していただくことになります。

国営事業所等への支援について

国営事業所等が上記の支援を希望する場合は、まずは、管内の土地改良技術事務所等にご相談いただきますと農村工学研究部門へ支援依頼の連絡が届きます。なお、緊急の場合は直接、農村工学研究部門にお問い合わせ下さい。

4) 共同研究等の契約に関すること
詳しくは「産学官連携制度」をご覧下さい。

5)産学官連携
産学官連携ポータルサイト」をご覧下さい。

6)技術の講習(技術の研修に関する事を除く。) 及び相談
技術講習生の受入手続きの窓口
交流チーム 電話:029-838-7677、Fax:029-838-7680、Eメール:iten[@]ml.affrc.go.jp
※メールを送信する際は[@]の[ ]をとってください。

スタッフ

移転推進室長 中野 明久 Tel:029-838-8296
広報プランナー 遠藤和子 Tel:029-838-7677
交流チーム長 猪井 喜代隆 Tel:029-838-7677
再雇用職員 濱田 善幸 Tel:029-838-7529