農村工学研究部門

土構造物ユニット

研究ユニットの概要

農業用の土構造物(ため池、パイプライン、海岸堤防、農道)の安全性に関する研究を行なっています。地震や豪雨によって、これらの施設が壊れるのを防止するために、模型実験やコンピュータによる数値解析を行なって、安全性の評価手法や補強対策方法の開発を行なっています。また、これらの基礎技術を応用して、ため池の決壊危険度を予測する「ため池防災支援システム」を開発しています。

研究のキーワード

ため池、パイプライン、海岸堤防、農道、地震、豪雨、減災技術、強化復旧、液状化、洪水

研究ユニットの構成員

ユニット長 堀 俊和 土構造物(ため池、盛土)の豪雨時や地震時の安全性に関する研究を行なっています。ため池が決壊すると周辺地域に多大な二次災害を及ぼすことがあります。ため池の決壊危険度を予測するとともに災害情報を共有する「ため池防災支援システム」を開発しています。令和2年度から農林水産省において全国の地方公共団体が活用するため本格運用されています。
主任研究員 有吉 充 農業用パイプラインの維持管理・更新や地震時の安全性に関する研究を行っています。現地調査、実験、解析から、地震に強いパイプの埋設工法や安全性の診断手法の開発、疲労などの管の長期特性の解明などを行っています。
研究員 泉 明良 土構造物(ため池、盛土)の耐震性に関する研究を行っています。動的遠心載荷実験や数値解析により耐震対策工法の開発やAIを活用した地震時のため池危険度の予測技術の確立を行っています。また、ため池の決壊危険度を予測するとともに災害情報を共有する「ため池防災支援システム」を開発しています。
研究員 寺家谷 勇希 大学では東北タイを対象に降雨流出解析および窒素負荷解析を行ってきました。現在は、ため池の決壊危険度を予測するとともに災害情報を共有する「ため池防災支援システム」を用いた豪雨時のため池貯水位予測の精度向上や解析パラメータの自動推定に関する研究を行っています。

主要な成果

研究成果の活用事例

  • 「ため池防災支援システム」の国による本格運用と全国の地方公共団体による活用
  • ため池の貯水位予測システムの活用
  • ひずみを指標とした強化プラスチック複合管の安全性診断

メッセージ

地震・豪雨などにより被災したため池やパイプライン、海岸堤防の復旧、新工法を用いた災害に強い施設の構築、耐震・耐豪雨診断について現場への技術支援を行っています。「ため池防災支援システム」の普及に関しては、都道府県での講習会を開催しています。また、各地域においてため池等の補強対策の有効性を検討するため、遠心模型実験による検証実験を受託研究等で行うことができます。