野菜花き研究部門

ゲノム解析ユニット

図 受粉させずに育てた花(果実) 左:単為結果性トマトは果実が肥大、右:普通のトマトは着果しない

気候変動による着果不良や病害虫による被害を軽減するために、ナス科果菜類の着果性や病害抵抗性等重要形質の遺伝学的解析を行い、高精度選抜マーカーの開発と制御遺伝子の単離を行います。さらに、高品質・高収量の品種を効率よく育成するために、ゲノムワイドなDNA多型情報に基づく次世代型マーカー育種技術を開発します。


メンバー