野菜花き研究部門

虫害ユニット

露地野菜圃場によくみられる捕食性天敵ウヅキコモリグモ

野菜の害虫対策は避けて通れない問題です。以前は、害虫以外の生物も殺してしまう殺虫剤が利用されてきましたが、近年は、特定の害虫にしか効果がない選択性殺虫剤が多く開発されています。これにより標的外生物への悪影響も軽減されてきました。一方、殺虫剤の効かない薬剤抵抗性を発達させる害虫も多く、殺虫剤だけに頼らない防除対策が望まれています。
虫害ユニットでは、殺虫剤以外の手段として天敵利用を進めています。施設では人工的に大量増殖した天敵を放飼する方法に加え、天敵の代替餌となる昆虫とその餌となる植物を導入する方法(バンカー法)があります。施設ピーマンのアブラムシに対して土着天敵寄生蜂のギフアブラバチ(生物農薬名:ギフパール)の利用法を開発し、バンカー法を含めた現場での普及を図っています。露地野菜ではキャベツ圃場のゴミムシ類やクモ類などの徘徊性捕食性天敵に対する被覆作物の同時栽培や選択性殺虫剤の影響を検討しています。
また、光や色に対する害虫の行動解析を通して新しい防除法を検討し、発生予察におけるフェロモンの効率的利用法についても検討を行っています。さらに、薬剤抵抗性発達のメカニズムについての研究も行っています。


メンバー