農業情報研究センター

農業データ連携基盤推進室

農業データ連携基盤推進室は、農業の担い手がデータを使って、生産性の向上や経営の改善を目指して農業関連のデータを連携・共有・提供できる環境を整備します。農研機構の内外のビッグデータと、農業AI研究の成果を、アプリケーションソフトとして提供することで、農業データ連携基盤(WAGRI)の普及・推進を行います。

農業データ連携基盤(WAGRI)とは?

データに基づく農業を実践するためには、農業ICTの活用が不可欠であるものの、データやサービスの相互連携がない、様々なデータが散在していることなどを理由にデータを活かしきれていません。
これら散在する様々なデータを共有・活用できる「データプラットフォーム」が農業データ連携基盤(WAGRI)です。
WAGRIを通じて気象や農地、地図情報等のデータ・システムを提供し、民間企業が行うサービスの充実や新たなサービスの創出を促すことで、農業者は様々なサービスを選択・活用できるようになります。データをフル活用することで、農業現場における生産性を飛躍的に高め、高品質な農産物の安定生産などを実現します。

農業データ連携基盤(WAGRI)協議会のHP 【外部サイト】

農業情報連携統括監

神成 淳司、慶應義塾大学教授

室長

林 茂彦 (はやし しげひこ)

メンバー