東北農業研究センター

東北農研市民講座 (過去の開催一覧)

平成29年度までの市民講座の開催内容の一覧です。

開催日 テーマ 話し手
第1回 2015年
6月13日
食品の機能性ってなに ? 終了 産学官連携支援センター 上席研究員 渡辺 満
第2回 2015年
7月11日
お邪魔な植物たち「雑草」とどう付き合う ? 終了 生産基盤研究領域 栽培技術グループ 上席研究員 中山 壮一
第3回 2015年
8月8日
臭いだけがカメムシじゃないんだよ 終了 業務推進室 専門員 榊原 充隆
第4回 2015年
10月10日
日本短角牛と黒毛牛、なにが違う ? 終了 畜産飼料作研究領域 肉用牛生産グループ 上席研究員 柴 伸弥
第5回 2015年
11月14日
外国産にひけをとらない国産小麦 終了 畑作園芸研究領域 畑作物育種グループ 上席研究員 谷口 義則
第6回 2015年
12月12日
農研機構東北農研が今後重点的に取り組む農業研究 終了 所長 石黒 潔
第7回 2016年
6月4日
畜産における動物福祉 終了 畜産飼料作研究領域 飼養管理グループ 上級研究員 深澤 充
第8回 2016年
7月2日
私たちの回りの気象と気候 終了 生産環境研究領域 農業気象グループ 主任研究員 大久保 さゆり
第9回 2016年
8月6日
イチゴの品種改良 -夏のケーキに国産イチゴを使う- 終了 畑作園芸研究領域 施設野菜・育種グループ 主任研究員 本城 正憲
第10回 2016年
10月1日
処理コストゼロへの挑戦 ~自然の力で水をきれいにする人工湿地ろ過システム~ 終了 生産環境研究領域 土壌肥料グループ 上級研究員 加藤 邦彦
第11回 2016年
11月5日
おすそわけはリンゴの販売拡大に効果的 終了 生産基盤研究領域 農業経営グループ 上級研究員 磯島 昭代
第12回 2016年
12月3日
ナタネの品種開発から国産ナタネ油ができるまで 終了 畑作園芸研究領域 畑作物育種グループ 主任研究員 川崎 光代
第13回 2017年
6月3日
ドローンの農業への本格的な活用が始まった 生産基盤研究領域 栽培技術グループ 主任研究員 関矢 博幸
第14回 2017年
7月1日
気候変動に備える - 将来、作物の生育や収量はどのように変わる - 生産環境研究領域 農業気象グループ長 長谷川 利拡
第15回 2017年
8月5日
今、注目されているススキ - バイオ燃料や建材等への活用 - 終了 (当日の様子) 畜産飼料作研究領域 飼料生産グループ長 藤森 雅博
第16回 2017年
10月7日
限りある肥料資源「リン」 - その効果的な施用法を探る - 終了 (当日の様子) 企画部産学連携室 農業技術コミュニケーター 兼 畑作園芸研究領域露地野菜グループ 村山 徹
第17回 2017年
11月11日
稲作生産コストの国際事情 - 日本、イタリア、アメリカを比較して - 終了 (当日の様子) 生産基盤研究領域 農業経営グループ長 笹原 和哉
第18回 2017年
12月2日
農薬を使わない牛のえさづくり - 草で草を防除する - 終了 (当日の様子) 企画部産学連携室 農業技術コミュニケーター 兼 畜産飼料作研究領域飼料生産グループ 魚住 順
第19回 2018年
6月2日
傾きにご用心 !! --キャベツの機械収穫をサポートする深植え定植-- 終了 畑作園芸研究領域 露地野菜グループ 主任研究員 山本 岳彦
第20回 2018年
7月7日
病気に強い野菜の苗をつくる 終了 生産環境研究領域 病害虫グループ 上級研究員 今崎 伊織
第21回 2018年
8月4日
牛肉の香りから肉質を評価する 終了 畜産飼料作研究領域 肉用牛生産グループ 主任研究員 今成 麻衣
第22回 2018年
10月6日
トラクタの自動走行はなぜ必要? --スマート農業最前線-- 終了 生産基盤研究領域 作業技術グループ長 長坂 善禎
第23回 2018年
11月10日
岩手から世界初の新しい小麦が ! 終了 畑作園芸研究領域 畑作物育種グループ 主席研究員 中村 俊樹
第24回 2018年
12月1日
これまでの農業と、これからの農業 ---最新技術の活用にはどのような効果が ?--- 終了 生産基盤研究領域 技術評価グループ長 宮路 広武

市民講座のトップページへ ページトップへ