東北農業研究センター

技術評価グループ

現地実証試験でのデータ収集

技術評価グル-プでは主に農業技術の経営的評価に取り組んでいます。

農業生産力の向上には新たな農業技術の活用が不可欠です。東北農業研究センターでも品種、栽培、土壌肥料、農業機械など様々な分野で新たな農業技術の開発に取り組んでいます。しかし新たな農業技術が開発されても、実際の農業生産に活用されない限り、農業生産力の向上を実現することは出来ません。これらの農業技術を活用して農業生産力の向上を実現するのは農業生産者の方々です。従って、「新たな農業技術を導入することで単に収量が向上します」ということだけではなく、費用や収益の変化により、具体的にどの様な経営的メリットを得ることが出来るのかという点を明らかにする必要があります。

このことは、農業生産者に具体的な経営的メリットの情報を提供するだけではなく、技術研究者にとっても技術の改善策や開発方向を考えるうえでも重要です。その様な観点から技術評価グル-プでは、技術研究者とも協力して耕種・畜産・果樹など様々な分野で開発された新たな農業技術の経営的評価に取り組んでいます。

なお本中期計画では、水稲の乾田直播栽培、湛水直播栽培、飼料用子実トウモロコシ生産、りんごのフェザ-苗を活用したわい化密植栽培などの技術評価に取り組んでいます。

メンバー