東北農業研究センター

農業経営グループ

ニンニクの収穫作業 (左上) 、 水稲直播適地マップの一例 (右上) 、 春まきタマネギ選別・調整作業 (左下) 、 水稲V溝直播播種作業 (右下) 。 拡大写真

農業経営研究は「社系」とも呼ばれ、自然科学の研究者の多い農研機構ではやや異色な存在です。農研機構は総力を上げて農業に関する技術開発を行っています。そのような中で、技術を作るだけでは見えなくなりがちな「お客様との関係」を考える必要があります。多くの研究者が必死で作っている技術の「種」はいったいどれだけの人にどう活用できて、産業の輪にがっちりはまり込んでいくのか、それともそれは無理なのか、冷静に分析する目が必要です。

農業経営研究における分析では、技術開発が社会の要請 (ニーズ) にもとづく技術開発になっているのか、仮にニーズに基づき作った技術でも実際にどれだけ社会に貢献するのか、といったことを明らかにできます。その上で、「今後はどういう技術開発が必要になってくるのか」、「主なお客様である農業経営者や、農産物や加工品を売る人々は、今どうなりつつあり、どうすれば豊かになれる社会状況であるのか」といったことを、東北地方をフィールドとして明らかにしていきます。

具体的には、複数存在する水稲直播技術の中から農業経営者が自身の経営状況や選好を通じて最適な直播技術を選択できる意思決定支援システムの作成 (写真右上、開発中) や、大規模水田作経営への野菜作導入の経営的評価などを行っています。

主な研究内容

  • 高生産性・高収益の水田作および畑作経営モデルと成立条件の提示 (笹原・稲葉)
  • 東北地方における流通と経営経済条件を活用した露地野菜導入による所得・付加価値増加効果の検証 (磯島)
  • 水田輪作経営における直播技術導入条件の解明と技術の経営的評 (笹原・稲葉)

メンバー