東北農業研究センター

栽培技術グループ

正規化植生指数測定機による生育診断

栽培技術グループでは、作物の安定多収生産を通じて、寒冷地の大区画圃場における超省力かつ低コストな水田輪作営農システムの実現をめざします。

主な研究内容
  • 正規化植生指数 (NDVI) 等の迅速な水稲の生育診断技術と圃場ごとの栽培履歴、作業履歴等の情報管理を支援するソフトウェアの活用による、水稲の安定栽培技術体系の開発・実証。
  • 時速8 km以上の高速で水稲、麦類、大豆を播種できる汎用播種機を使って、大豆作において最も作業時間を要する中耕・培土を省略した、省力的な多収栽培技術体系の開発・実証。
  • 家畜飼料として需要が高い子実生産用トウモロコシを導入した水田輪作体系におけるトウモロコシの省力多収栽培技術体系の開発・実証。
  • 巨大区画圃場に対応したプラウ耕2年3作水田輪作体系において作物の安定多収生産の主要な阻害要因の一つである雑草の総合的防除技術の開発・実証。

メンバー