高度解析センター

ゲノム情報大規模解析チーム

現代の生物学はデータの生産量が特に多い分野であり、分けても近年技術革新の目覚ましいDNAシーケンサーによる塩基情報の解読は、データを指数関数的に増大させています。多くの場合この種の研究は全ゲノムにわたるような配列情報に基づいており、そういった大規模データを有効活用するためには、バイオインフォマティクス(コンピューターによる大規模な生物情報解析)の技術が欠かせません。このように、高性能コンピューターを用いた研究は、今日の分子生物学において大きなデータを扱うのに必須です。更に、現代の生命科学では、ゲノム配列に加えてトランスクリプトームなどの多様なオミクス情報の恩恵を享受しています。このような状況下、ゲノム情報大規模解析チームは、農研機構の各研究部門やセンターでのバイオインフォマティクス研究を支援し、幅広いオミクス情報の活用を加速することを任務としています。この目的のため、個別の研究者と緊密に連携しながら、それぞれの研究課題で必要とされるバイオインフォマティクス解析を行い、また、解析環境を提供します。加えて、オミクス情報に基づいた農学研究の推進のため、新たなプログラム開発やデータベース構築も行います。


メンバー

法人番号 7050005005207