中央農業研究センター

研究協力員取扱要領

平成15年12月24日
15中セA第15122403号

第1 目的

この要領は、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構中央農業総合研究センター(以下「中央農研」という。)において、研究協力員の称号を授与する場合の取扱いに関し、必要な事項を定めることを目的とする。

第2 称号を授与することができる場合

研究協力員の称号は、中央農研の業務の推進に資すると所長が認める者に授与することができる。

第3 推薦及び承認並びに通知

  • 研究協力員の称号の授与を受けようとする者は、中央農研研究職員の推薦に基づくものとする。推薦者は、別紙様式1による推薦書をもって当該称号の申請をするものとする。
  • 所長は推薦書の提出があった場合において、当該候補者に研究協力員の称号を授与することが適当であると判断したときは、推薦があった者に対し、別紙様式2の称号授与証書の交付をもって、通知するものとする。所長は、当該候補者に研究協力員の称号を授与することが不適当であると判断したときは、その旨を当該推薦者に通知するものとする。

第4 便宜の供与等

  • 中央農研研究協力員の称号を授与された者は、当該称号を名刺等に表記し、又は当該称号を肩書きとして利用することができる。
  • 中央農研研究協力員の称号を授与された者は、次の事項により、必要な便宜の供与を中央農研から受けることができる。
    一 「基幹的農家の集い興農会」の出席案内と記録の提供
    二 農業経営通信、中央農研センターニュース、研究資料等一般向け刊行物の提供
    三 許可を得ての中央農研が主催する研究会等へのオブザーバー参加
    四 技術相談
    五 その他所長が認めるもの

第5 研究協力員の称号を授与する期間

研究協力員の称号を授与する期間は中期計画期間内で所長が定める。ただし、再任は妨げるものではない。

第6 禁止行為

研究協力員の称号を授与された者は、中央農研の信用を傷つけ、又は不名誉となるような行為をしてはならない。

第7 称号の授与の取り消し

所長は、研究協力員の称号を授与された者が、中央農研の信用を傷つけ、又は不名誉となるような行為を行ったときは、その称号の授与を取り消すことができる。

第8 代理関係の欠缺及び損害に対する責任

研究協力員の称号の授与は、いかなる意味においても、中央農研と研究協力員の称号を授与された者との間に、代理関係又は表見代理関係の基礎となるべき法律関係を創設し、又は存在させたものではない。

第9 授与者の管理

授与者の管理は、別紙様式3の称号授与者名簿を備え、業務推進室(交流チーム)で行うものとし、研究協力員の称号授与の状況を把握するものとする。

第10 その他

この要領に定めるもののほか、研究協力員の称号の授与に関し、特に必要な事項と思われる場合においては、中央農研で協議するものとする。

附則

この要領は、平成15年12月24日から施行する。

附則( 18中セ第06040136号)

この要領は、平成18年4月1日から施行する。

法人番号 7050005005207