中央農業研究センター

オープンラボ(共同研究施設)

民間企業や都道府県、大学の方々と共同して研究を行うための施設です。

各施設には最新鋭の機器を装備し、利用にあたっては研究者や専門の技術者がていねいに指導します。

共同研究の実施、研究機器の利用についてお気軽にご相談下さい。

ご利用を検討される方は、下記のオープンラボ運営要領をご確認下さい。

環境保全型病害虫防除技術開発共同実験棟(茨城県つくば市)

技術開発共同実験棟-写真

安全・安心で新鮮な作物を消費者に提供していくために、環境にやさしい病害虫の生物防除技術の研究開発を行う施設です。

環境保全型の病害虫防除技術の開発を目的とした産学官の共同研究に利用できます。

バイオマス資源エネルギー産学官共同開発研究施設(茨城県つくば市)

産学官共同開発研究施設-写真

バイオマス資源エネルギーに関わる技術を共同研究するための実験施設です。

バイオマス資源作物の機械化栽培技術の開発、搾油、ペレット化、バイオディーゼル変換、機能性成分抽出、また、製造した燃料の評価などの技術開発に必要な機械・測定機器を整備しています。

オープンラボ運営要領および利用申請・報告書様式

  • 環境保全型病害虫防除技術開発共同実験棟運営要領
  • バイオマス資源エネルギー産学官共同開発研究施設運営要領

相談窓口(試行的分析)、連携研究者の登録制度によるオープンラボの利用

オープンラボ活用促進セミナー

原則として年1回開催しております。
セミナーの開催情報は中央農研ウェブサイト「イベント・セミナー」をご覧ください。

法人番号 7050005005207