中央農業研究センター

ピーマンモザイク病を予防する植物ウイルスワクチン - 臭化メチル代替技術の開発 -

  • 土壌伝染するピーマンモザイク病に卓効を示す臭化メチル剤は、地球のオゾン層を破壊するため日本では2012年末日に全廃されました。
  • そこで、臭化メチル剤の代替技術としてピーマンモザイク病を予防する植物ウイルスワクチンを開発し生物農薬として登録しました。
  • 生物農薬の植物ウイルスワクチンを広く利用することで、環境に優しい病害虫防除技術の開発・普及を推進します。

図1
図2

植物ウイルスワクチンとは、病原ウイルスの毒性が極めて弱い生のウイルスのことです。このワクチンを処理したピーマンでは、ピーマンモザイク病を防除するのみならず、果実中のビタミンC含量を1.4倍上昇させる機能もあります。本植物ウイルスワクチンは、生物農薬として登録されています(農林水産省登録第23136号)。

  • 予算:農林水産省「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業」
  • 課題:「臭化メチル剤から完全に脱却した産地適合型栽培マニュアルの開発」
  • 期間:平成20年度~平成26年度

この技術に関するお問い合わせ

中央農業総合研究センター
email

栽培マニュアル

PDFマニュアル

動画マニュアル

関連リンク

法人番号 7050005005207