中央農業総合研究センター

中央農業総合研究センターイメージ

私たちは、食料の安定供給、農業の持続的発展のため、生産者、消費者の皆さんに満足していただける研究・技術開発を進めます。

ピックアップ

新技術の出前技術指導

新技術に対して、現地の農業者等からの技術指導の要望を受け、研究担当者が現地で技術指導を行います。

経営管理システム

農業経営の発展に向けて、経営者の意思決定を支援することを目的に経営管理システムプログラムで研究・開発した成果を提供しています。

生態的雑草管理プロジェクト

雑草生物情報データベースや各種の雑草防除マニュアル等、雑草関係の研究成果を公開しています。

品種育成系譜図作成ソフトウェア「EvoTree PLUS」

作物育種効率の向上・遺伝研究の推進を目的に育成品種の系譜や特性を視覚化する「EvoTree PLUS」を開発しました。

フィールドサーバ

圃場に長期間設置して、環境の計測、動植物のモニタリング、農園の監視等を行う超分散モニタリングデバイスです。

気候変動対応プログラム

農研機構が進める気候変動対応研究の課題概要、技術成果、論文情報等を紹介しています。

いもち病の流行予測

スーパーレースの出現時期を予測し、マルチラインを持続的に利用するための系統の数、種類、混植比率、交替時期を決定できる。

農研機構の研究所一覧

各研究所の紹介へ