中央農業研究センター

組織管理グループ

   近年増加している農業法人の多くは規模拡大、事業の多角化に伴い、多数の従業員を雇用しており、現場リーダーなどを含めた従業員の人材育成が重要になっています。本グループでは、従業員を雇用している農業法人を主な対象として、農業法人における労務管理、従業員の動機付けなどのマネジメント方策、経営継承方策などに関する研究を行っています。特に、農業法人においては、将来的に経営者の右腕となりうる現場リーダーの確保、育成が大きな課題となっているため、現場リーダーの能力開発、人材評価などについて様々な視点から分析しています。
   これまでの研究では、新規就農者の促進に向けて、多様な形態に合わせた就農のポイント・留意点を整理したパンフレットの作成、さらには新規就農支援者、指導機関向けに就農支援の要点やツール・事例などをまとめた新規就農指導支援ガイドブック、GAPを活用した経営改善方策の資料の作成などを行い、行政機関、農業支援機関、農業者に活用されてきました。
   現在では、関連機関、大学、農業法人と連携を図りながら、農業法人における従業員の人材育成方策に関する研究を進めています。 また、本グループでは、他の技術開発分野の研究者と連携しながら、技術開発の評価に関する研究も実施しています。技術評価に関しては、大規模施設園芸作における労務管理技術、有機農業などの環境保全型農業に関する技術評価など、開発技術の普及に資する研究を行っています。さらに、農業法人が規模拡大した際に、農地を効率的に管理するために、農地の面的集積に向けた農地集積過程のシミュレーションモデルの開発などの研究を行っています。
   グループ内で実施する研究課題は具体的な実証が必要となることから、農業法人、大学、他の研究機関との連携が重要です。研究内容にご興味がありましたら、ご連絡をお待ちしております。

雇用型の農業法人では従業員間のミーティングが重要になります。

人材育成に関するシンポジウムを開催しました。

メンバー

法人番号 7050005005207