中央農業研究センター

東海輪作体系グループ

当研究グループでは、東海地域(静岡、愛知、岐阜、三重)の水田作における水稲-麦類-大豆を中心にした安定・多収技術の開発を行っています。その中でも現在は特に小麦に重点を置き、新品種を活用した施肥法改善により収量ポテンシャルの向上を図るとともに、小明渠浅耕播種機をキーテクとした湿害対策、および発育モデルの開発を通じた凍霜害や暖冬による生育過剰等の気象災害への対策を通じて、収量・品質の安定化を目指しています。

領域長

吉永 悟志(ヨシナガ サトシ)

メンバー

法人番号 7050005005207