中央農業研究センター

生態的防除グループ

作付け品種によるダイズ黒根腐病発生の差異

生態的防除グループでは、病害発生の回避による安定的かつ持続的な農業生産の実現に貢献することを最終目標に掲げ、作物の病害の発生生態の解明およびその解明に基づく効果的な防除法や環境保全型の農業生産に資する防除法について、基礎的研究のみならず、成果の実用化や現場への普及を目指した研究を公設試験研究機関や民間企業などと連携しながら行っています。具体的には、ダイズの多収を阻害する要因の解明とそれに基づく対策支援技術、トマトなどの各種野菜類の有機栽培における病害防除・管理技術や水稲の育苗期における各種病害の発病抑止技術の開発などに取り組んでいます。また、その他にも土壌伝染性病害の対策を支援するための野菜類生産圃場における発病ポテンシャルの診断法や植物に常在的に生息する微生物を活用した病害防除資材の開発なども行っています。
こうした研究を効率的、また着実に進めて行くには、さらなる多くのステークホルダーとの連携が必要です。このため、研究成果の積極的な発信を行うなど、より強力な連携関係を築くための活動にも積極的に取り組んでいきます。

メンバー

法人番号 7050005005207