中央農業研究センター

病害防除体系グループ

病害防除体系グループでは、主に野菜類の細菌病やウイルス病を対象に、より環境負荷が少ない手法で、安心・安全かつ持続的な農業生産を実現するための技術開発に取組んでいます。
土壌伝染性で極めて防除が困難なトマト青枯病では、新規資材による土壌還元消毒法を開発し、高接ぎ木栽培(写真)等の防除技術と組み合わせた総合防除体系の確立を目指します。新種ウイルスによるオオバモザイク病では媒介するシソサビダニの生態や媒介特性を解明するとともに、遺伝子診断法の開発や総合的防除体系の構築を進めます。

メンバー

法人番号 7050005005207