中央農業研究センター

北陸輪作体系グループ

生産者団体や県普及機関と共同開催した大豆研修会のようす. 耕うん同時畝立て播種技術などを生産者に実演説明
当研究グループでは、中課題「寒冷地南部の湿潤な気象・土壌条件における高能率水田輪作体系の確立」のうち、農業経営の規模拡大に伴う、作物の作期競合や作物切替時の作業競合を解消するための技術開発を行っています。これまでに開発した、耕うん同時畝立て播種機によるダイズ等の播種技術は、湿潤な重粘土壌における水田転換畑作物の苗立安定化に有効な技術として、北陸地域だけでなく全国各地で定着しています。
現在は重粘土壌における水稲・麦・大豆等の播種作業の高速化とICT利用による安定化、重粘土壌におけるカットドレーン等による排水対策、輪作体系における小型汎用コンバイン活用法の確立、ICTを利用した営農支援システム活用による生産管理業務の削減、さらには新技術を導入した農業経営の経営評価などに取り組んでいます。
当研究グループでは公設試、農機メーカー等との連携を通じた技術の完成を目指して、水田輪作の現地実証試験を数多く行ってきました。また、成果の普及、社会還元として出前技術指導にも積極的に取り組んでいます。今後も公設試、農機メーカー等との連携を進め、生産現場で利用できる技術の社会実装を図ります。

メンバー

法人番号 7050005005207