食品研究部門

食品生物機能開発研究領域

農林水産物を高度利用するために

食品生物機能開発研究領域では、農林水産物を高度利用するために、微生物をはじめ動物や植物といった生物や、それら生物に由来した生体機能分子を活用する技術の開発に関する試験研究を行っています。生物の機能を明らかにする基礎的・基盤的研究から生物の機能を利活用する開発型研究まで、生物機能に関わる研究を幅広く行っています。   
食品生物機能開発研究領域 領域長 長嶋 等(ながしま ひとし)          麹菌:国菌と呼ばれる

 

研究課題

生物個体を活用する研究

味噌、醤油などは麹菌を使用して醸造します。その麹菌の新たな酵素の解明、代謝物の役割、環境要因に対する応答機構を研究しています。酵母や乳酸菌、納豆菌、酢酸菌などは、発酵食品に含まれる多くの生体機能分子を産生しますが、これらの機能分子の産生機構を最新の手法で解析しています。稲わら等の未・低利用地域資源を高度利用するために、微生物酵素の効率的製造・利用技術の開発、高付加価値物を製造するための研究開発に取り組んでいます。

 

生体機能分子を活用する研究

酵素などの生体機能分子を利活用した新しい製造・解析技術の開発を行っています。難溶性成分を水に可溶化する糖類や母乳に含まれる糖類などの製造技術の開発・実用化について研究を進めています。さらに、生体関連分子を活用した計測技術の開発、果実の成熟制御機構の解明、生物由来資源の産業素材としての活用技術の開発、メタゲノム情報を活用した食品加工の高度化、機能性油脂の製造技術の開発など、多様な研究を展開しています。

 

所属ユニット


法人番号 7050005005207